エリザベス:ゴールデン・エイジ
 
エリザベス:ゴールデン・エイジ
 
エリザベス:ゴールデン・エイジ
 
エリザベス:ゴールデン・エイジ
2008年2月16日
エリザベス:ゴールデン・エイジ


スペイン無敵艦隊の襲撃、暗殺計画、禁断の愛-
闘う女王は、いかにして黄金時代を築いたのか?

25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。しかも、女ひとりで国を統治することに不安を抱く人々も多い。
そんな不安と宗教的な憎悪が渦巻く国内では、エリザベスの転覆を狙う者が後を絶たない。そればかりか、ヨーロッパ列強も隙あらばイングランドを占領しようと狙っていた。

STAFF
監督:シェカール・カプール

CAST
ケイト・ブランシェット
ジェフリー・ラッシュ
クライヴ・オーウェン
アビー・コーニッシュ
サマンサ・モートン
Rippleに掲載ご希望の方はこちらへ